2013年12月アーカイブ

麻酔科の人気が高まっていると聞いて

最近、麻酔科が密かに注目されている...という話を聞くようになりました。
正直、それまでは私の中での麻酔科に対するイメージというのは、「専門性が高いお仕事で、人手不足が起きている科」のようなものだったのですけれども...。

流行っているという話から「どうしてだろう?」ということで興味を持って色々と調べてみたんだけれど...なかなか麻酔科って魅力的なものだったんだなあと、考えが改まりました...。

麻酔科って確か、外科から派生したものなんだよね。
それまでは麻酔の取り扱いも、外科の医師が担当していいたけれど、ミスを防ぐために麻酔科に分けられたとかなんとか。
それなので、麻酔科の人たちは手術において患者さんに麻酔を投与することはもちろん、その後の術中の体調管理なども勤めていかなければならないわけですよ。
常に命と隣り合わせ。緊張感がある反面で、専門性を駆使することになるので、やりがいはとてもあるのではないかなという感じですね。

とにかく専門的な医療に関わっていきたいのであれば、適任なのかもしれません。
...で、やっぱりそんな重要性の高い立場だからか、ここだけの話収入も素晴らしいものなんだよね...。
麻酔科で活躍していけば、普通に1000万円程度の年収を狙っていけるとの話...。
もちろん、努力次第ではそれ以上もいけるとか何とか...。
さすが、専門性やリスクの高い仕事でありますわ。

自分も是非目指していきたいなあとも思うけど、なんだかハードルが高すぎる気もしてしまう...。
まぁそうやって最初から諦めてたら何もできないってのはわかっているんだけどさ。
ある程度無理なところは目指し過ぎたりしない方が賢明なのかなあとも考えてみたり。
...でも、こうやって夢を持ってそれに一直線に向かって行くことって、なかなか経験できないことだしね。ダメ元でも、試してみる価値はあるのかもしれない。

とりあえず周囲に公表するのはイヤなので...。
こっそり、自分の中だけで麻酔科を目指していきたいなあと思います。

非常勤での求人をお探しの医師の方はコチラから
http://xn--gmq64hoh999a5b801ji52e.com/

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク